タンスもすっきり、洋服を断舎離する3つのコツ

「人生がときめく片づけの魔法」のこんまりメソッドなど、最近断捨離がちょっとしたブームになっています。
特に、「パンパンになったクローゼットをどうにかしたい!」と、服の断捨離にチャレンジしてみようと思っている人は多いはず。

でも、いざ服を断舎離しようと思っても、「どうやって捨てる基準を決めればいいのかわからない」「愛着があってなかなか捨てられない」など、その方法に悩むこともあるでしょう。
そこでこの記事では、そんな人に向けた「すっきり服を断舎離するコツ」について書いていこうと思います。
服を整理してみよう!と思っている人はぜひ参考にしてください。

1年以上着ていない服は捨てる

まず最初に、1年以上着ていない服は問答無用で捨てましょう。
「セーターは冬」というように、基本的に洋服には着用するシーズンが決まっていますよね。
1年以上着ていない服があるということは、着用するはずのシーズンに一回も登場しなかったということ。

「お気に入りじゃない」「なかなか捨てられない」といった理由があるのかもしれませんが、1シーズン着なかった服を今後着ることはほぼありません。
1年以上着なかったらその洋服は必要ないと判断して、どんどん捨ててしまいましょう。

「スペースがもったいない」と考える

洋服を捨てられない人の多くは、「あんなに高く買ったのにもったいない」「大切な人からもらったのにもったいない」と思って服を捨てることができません。
でも、よく考えてみてください。

いくら高値で買った服でも、大切な人からもらった服でも、今着ていないならその洋服に価値はありません。
むしろ、「着ていない洋服を置いているスペースにかかっているお金」がもったいないんです。

アパートやマンションを借りている場合、その家賃は寝室やキッチンのスペースだけにかかっているわけではないですよね。
もちろん洋服を置いているクローゼットやタンスのスペースにも、家賃がかかっています。

そう考えてみると、「お金を払って得たスペース」に「要らない洋服」を置いていることが一番もったいないとは思いませんか?
どうせお金を払っているのなら、そのスペースには本当に必要なものだけを置くようにしましょう。

体型に合っていない服は捨てる

最後に、現在の自分の体型に合っていない服もすっぱりと捨てるべきです。
今の体型に合っていない服をどれだけ持っていても、いざ鏡の前で着てみると、その服を着て外出しようとは思わないはず。
どんな体型でも、似合う服はきっとあります。
自分に似合う服だけをクローゼットには残しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
服を断舎離しようと意気込んでも、そのコツを知っているのと知らないのとでは大違い。
ぜひ参考にして、クローゼットやタンスをすっきり整理してみてください!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です