結婚に大切なのは、金銭感覚

私は、20代の頃に一度結婚離婚を経験したバツイチです。

その結婚の際に、誰もがうらやむような場所で素敵な結婚式を挙げたのですが、ものの見事に離婚と言う運びとなりました。
私は、会社員の父親と専業主婦の母親と弟がいる一般家庭の育ちですが、元旦那の両親は会社経営者で元旦那もその会社の役員だった為セレブな家庭でした。

育ちが違う私たちが「結婚する際に結婚式をどうするか?」と話が出た時私は、「できるだけ結婚式はしたくない。」と主張をしたのですが結局はすることになりました。
私が、結婚式を迷った理由は両家の金銭感覚の違いや考え方の違いがあったのをわかっていたからです。
相手の方は、金銭的にも立場的にも余裕があったのでお嫁さんである私に対して、「好きなようにやっていいからね。」と言ってくれましたが、私の方は出せるお金にも限界があったので自分の身丈にあったものにしたいと思って色々とプランを考えていきました。

お金だけは計画通りにいかない・・・
しかし最終的には、相手方のお金のかかる見栄張りな要望を押しつけられ、費用は私の負担を考えて相手方が多く持ってくれる様な事を言ってくれたのですが、最終的に支払いは人数で割ると言う形にされてしまいました。(人数割と言っても相手方の持つ分までまとめて割られた為、私としては大損でした。)それ以来私は、相手方の家族が信じられなくなり元旦那との新婚生活も全然楽しくなくなり不信感が募り1年経たずして離婚と言うことになりました。

つぶやき

金銭感覚は、一緒に生活して行く上で最も大切なところだと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です